月別アーカイブ: 11月 2010

12.03 ライト級・矢野克典デビュー戦!!

もうすぐ12月。今年も残すところあと1ヶ月となりました。
12月は林欽貴の全日本新人王決定戦がありますが、その前にもう一試合。
ライト級の矢野克典が来週金曜日、後楽園ホールでデビュー戦を行ないます。
本人の話が取れ次第またご紹介いたしますので、こちらも応援よろしくお願いいたします!


BOXEO RUNWAY
12月3日(金)17;30開場 17;45試合開始 後楽園ホール
■ライト級4回戦
矢野克典(E&Jカシアス) VS 鈴木誠(18鴻巣)


カテゴリー: 試合予定 | タグ: | コメントをどうぞ

林欽貴:東日本新人王決勝戦を振り返る!

先日、北村と鈴木の応援に来ていた林欽貴をつかまえて“プチ取材”を敢行。全日本決勝戦まで何度か話を聞いていこうと思いますが、今回は第一弾です!
写真右は林のセコンドを担当している関根トレーナーです。関根トレーナーにも話を聞いてありますのでお楽しみに。

──決勝戦を振り返ってどうだった?

 もちろん勝つ気ではいましたけど、ああいう形で終わるとは思わなかった。自分では、準決勝の清水選手との試合みたいに、ジャブから入って上下にうまく振り分ける感じをイメージしてました。試合の組み立てを考えながら入っていったんですけど、相手がけっこう頭を振りながら動いていたので、パンチが当てづらいなあとは思ってましたね。

──ダウンを奪ったパンチは覚えてる?

 あのパンチは新聞ではショートフックと書いてあったんですけど、ストレート。流れで出したパンチが当たっちゃったという感じなんです。意外な結果でしたね。

──このあいだ、試合後に天香園(←林の職場の中華料理屋さん)に行ったら新人王のポスターが貼ってあったけど、新人王の試合を通して、応援してくれる人は増えた?

 お店のお客さんのなかでは予選から見に来てくれていた人もいるし、決勝でも何人か増えました。あと、高校時代の友達もいつも見に来てくれています。

──全日本の決勝まであと1ヶ月。意気込みを。

 相手は“ガツガツくる”というよりは、ちゃんとボクシングをする選手のようなんで、かみ合うとは思います。あとは自分のコンディション次第。相手がどうこうというのはないですね。準決勝のように、一方的に攻めて勝ちたいと思います。


カテゴリー: BOXERS | タグ: | コメントをどうぞ

11.13 鈴木鹿平、復帰戦TKO勝利!


チャレンジスピリットシリーズ
2010年11月13日(土) 17:30開場 17:50試合開始 後楽園ホール
■スーパーバンタム級4回戦
鈴木鹿平(E&Jカシアス)○ <TKO 3R> ●吉本アラタ(コーエイ工業小田原)
■スーパーフライ級6回戦
入江誠(全日本パブリック)○ <TKO 3R> ●北村ダビデ(E&Jカシアス)

どちらの試合も、たくさんの方にご声援いただきました。ありがとうございます!
……ということで、復帰戦を白星で飾った鈴木鹿平を直撃!

──試合前は「今回は勝ちが欲しい」と言っていたよね。勝利を手にしてどんな気持ち?

 勝って終われたことはうれしいし、納得してます。ただ、ボクシングじゃなくて「街のケンカ」になっちゃった……そこが反省点っすね。林(トレーナー)さんにも「練習でやってきたことが一つも出ていなかった。ただ“打ち合い”でお前が勝っただけ」と言われました。

──勝っただけに、トレーナーの指摘は逆に厳しいというところかな(笑)。今後の課題は?

 次の試合の相手も、ガンガン前に出てくるタイプ。だから、いかに相手をうまくさばいて、差し込んでいくか……今日、最後の3ラウンド目で少しできた「足を使ってカウンターを取っていくボクシング」を課題にして練習していきます。


カテゴリー: 試合結果 | タグ: , | コメントをどうぞ

鈴木鹿平:11/13「絶対に負けられない試合」です!

13日の試合にはカシアスジムよりもう1人登場。
こちらも復帰戦となります。鈴木鹿平です。
新人王は、惜しくも準々決勝で敗退となりました。以来、どんな日々を過ごしてきたのでしょうか。

──新人王を3試合経験したわけだけど、振り返ってみてどうだった?

 いい経験にはなったとは思います。試合慣れしたというか、そういう意味で……。
 デビュー2戦目まではアマチュアとは違う緊張感がすごくありました。でも新人王で3戦やったことで、どんなパンチをもらうと効いちゃうとか、少しずつわかってきました。

──逆に、反省点は?

 新人王は勝ち・引き分け・負けと全部経験したんですけど、正直いってうれしい試合は1試合もなかったですね。引き分けたときには「次はすっきり勝つ」と言ったのに、結局負けてしまって。もちろん自分のなかで収穫はあったけど、準々決勝までいったとはいっても、いい思い出にはならなかったという感じですね。

──このあいだの林君の東日本新人王決勝戦ではセコンドをやっていたよね。間近で見ていて、どんなことを感じてた?

 うーん……ちょっと遠い存在になっちゃったかなあ、と。林君はもう一度勝てばランカーで、もちろん8回戦で、でも自分は4回戦で、戦績もイーブンで……。何やってんだろ、じゃないけど、自分のペースでやらなきゃいけないんだけど、正直、置いていかれちゃった感じはあるかなあ。

──でも、新人王は来年も挑戦する予定なんだよね。

 そうですね、今回の試合の後、年内にもう一戦ぐらいやらせてもらって、4勝してシードに割り込めないかなあと思ってるんですけど。もちろんシードが取れれば楽になるなんてことは決してないので、あんまりこだわってはいないんですけどね。

──新人王の経験を踏まえて、今回の試合の課題は?

 相手のペースにのまれないこと。4回戦は4ラウンドしかないので、1ラウンド目にどう自分のペースに持っていけるかで結果が決まっちゃうところがあると思うんですよね。逆転の可能性ももちろんあるけど、1ラウンド目はすごく大事。やっぱり1ラウンド目を取れば、7割は勝てると思いますもん。
 このあいだ負けたときは、1ラウンド目が終わったときの消耗が激しかったので……課題はそこかなあ。
 重い階級なら一発があるから最後までわからないんですけど、スーパーバンタムは一発ではなかなか倒れない。作戦で勝たなきゃならない階級だと思うんですね。打ち合うにしても、足を使うにしても、やっぱりポイントを計算しながらやらないと。自分は相手をぶっ倒せるようなタイプじゃないので、そこはいつも考えてやるようにしてます。

──今回の試合の意気込みを。

 復帰戦なので、すっきり勝つとは言わないけど、絶対に落とせない試合だと思う。自分のなかでは、どう勝つかというよりも「勝つしかない」という感じですね。

──結果にこだわりたい、と。

 そうですね。勝って自信を取り戻したい感じですね。

──新人王以来、自信をなくしている部分があった?

 負けてから1ヶ月ぐらいは正直、練習していても、自信というか楽しさというか、そういうものがなかなか取り戻せなくて……。自分のなかで葛藤している部分がありました。でも最近は練習で半分以上取り戻してきていると思うので、結果がついてくればまたいけるかな、と。

──また波に乗っていけるのかな。じゃあ土曜日、期待してます。


チャレンジスピリットシリーズ
2010年11月13日(土) 17:30開場 17:50試合開始 後楽園ホール
★北村ダビデ(6R)、鈴木鹿平(4R)(E&Jカシアス)出場!


カテゴリー: BOXERS | タグ: | コメントをどうぞ

北村ダビデ:11/13後楽園ホールに久々の登場!

今週土曜日、後楽園ホールで開催される「チャレンジスピリットシリーズ」で、北村ダビデが久しぶりにリングに戻ってきます!
10ヶ月ぶりとなる今回の試合。直前の心境を聞きました。

──前の試合はいつだったかな……。

 今年の1月。10ヶ月ぶりだね。

──それまではハイペースに試合をしていたけど、今回はずいぶん長く時間が空いたね。この間、ボクシングに対してはどんなことを考えていた?

 それまで飛ばしすぎていたこともあって、疲れた部分もあって……仕事も忙しかったし、ボクシングはそろそろ辞めどきかなと思ったこともあったんだけど……何かが足りないんだよね。それでまたやりたくなって……。

──やめたいと思ったのは、初めて?

 そうだね。初めて。

──でも、何かが足りない、と。そういう話、よく聞くよね。ボクシングってそういうスポーツなのかなあ。

 不思議だよなあ……。俺の周りはみんな辞めると思っていたらしいよ。続けるって言ったら、「まだやるの?」ってみんなに言われたから。
 でも、それでもやりたい、と。そう思ったのは意外と早くて、3月ぐらいかな。一度そう思ったら、切り替えは早かったよ。ジムには来ていなかったけど、すぐに動き始めたし。

──会長に話したのはいつ頃?

 4月ぐらい。試合をやらせてくださいと言ったのは、5月ぐらいかなあ。

──会長はどんな反応だった?

 全然普通に、自然に受け入れてくれた。「年内に試合できればいいだろう」と。俺自身も焦る気持ちはなかったしね。
 ただ、ジムの周りの奴らが試合に向けて練習してるのを見ていて、うずうずしてしまう部分はあった。でも、「まだ試合するのは今じゃない」と。年内にできればいいと思いながら練習を続けてきたから、今回の試合はちょうどいいタイミングなんじゃないかな。

──10ヶ月の充電期間を経て、自分の気持ちの中で変わった部分は?

 いや、まったくないよ。ただ、前と同じような試合をしてるようじゃ勝てないというのはわかってる。

──今回、練習で力を入れたことは?

 “同じ失敗はしない”ということに尽きるかな。今までは何も考えずにただ試合をこなすだけこなしてきたような感じだった。今回は個人的にメンタルトレーナーの先生について、気持ちから変えていった。「自分がこんなに弱いんだ」ということをその人に気付かされたね。ずいぶん助けられたよ。

──じゃあ、これだけ時間を置いたことは……

 プラスになっていると思う。いろいろ突き詰めて考えられたし。

──でも、意外だなあ。ジムの中でも一二を争うほど気持ちは強いんじゃないか思っていたけど。試合の相手にも、気持ちの持ち方からして負けていたと思う?

 とにかく、漠然とやっていたんだ。バンタムでやっていた頃は減量もそんなに大変じゃなかったし、気持ちの追い込みも足りなかったと思う。
 でも今回は、中途半端な試合をしたらもう後はないと思ってる。

──じゃあ、これからは一戦一戦が勝負なわけだね。久しぶりの試合ということで不安は?

 ないよ。楽しみだよ。……でも、あるのかなあ。よくわからないな。

──当日はどんな試合を?

 爆発的なものを見せたい。見ている人が「何あれ!?」というような……(笑)。誰が見ても面白い、「これってメインじゃないの?」って言われるような試合を。

──そこまで変わる、と。

 変わるよ。……それで勝てれば最高なんだけど。

──会長は「ダビデは調子がいい」と言っていたけど。

 いや、わからないよ。俺自身もわからない。
 今までは「いいスパーしたな」とか、練習で満足することもときにはあった。でも、今回はそういう気持ちはまったくない。むしろ、「どれだけやったんだろう、俺は」って感じ。

──ずいぶん考え方が変わったんだね。

 試合でも、一皮むけたボクシングを見せるよ。


チャレンジスピリットシリーズ
2010年11月13日(土) 17:30開場 17:50試合開始 後楽園ホール
★北村ダビデ(6R)、鈴木鹿平(4R)(E&Jカシアス)出場!


カテゴリー: BOXERS | タグ: | コメントをどうぞ